定着率と看護師転職
*
ホーム > タクシー転職失敗 > タクシーへの転職失敗が不安な人がみるガイド

タクシーへの転職失敗が不安な人がみるガイド

失敗するかもしれないところに飛び込むには勇気がいります。成功するかもしれないと思うこともできますが、やっぱり失敗することの不安のほうが大きい人が多いのではないでしょうか。転職したいと思っても、ひとりなら何とでもなりますが、家族がいる、子供がいるとなると、躊躇してしまいますよね。むしろ、躊躇せずに自分がやりたいからやるんだという人は無責任にすら思えます。いくつになっても働ける、やり方次第でいい給料がもらえるのはタクシードライバーです。でも当然のことながら、お客さんを捕まえないと儲かりません。次々お客さんがやってくる大きな駅ならいいですけど、田舎じゃ駅前にタクシーすらいません。


道を走っていて手を挙げた人が「前の車を追って」という状況に遭遇するなら、空車の札をだして走っていてもかまいません。どこにどれだけ必要としている人がいるのか。待ってるだけじゃなくて、自ら動いていくことがこれから求められるのではないでしょうか。成功させたいと思うのなら、みんながやってるようなことをしていてはだめです。同じような中から自分を選んでもらえるように、アピールと努力が必要です。不安はあって当然です。それでも飛び込んだからには頑張らないといけないんです。